歌詞

Title of mine

BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央

何故 いつまで経っても 夜は眠れずに

もう 聴き飽きた筈の歌を 聴いたりするの


何を恐れて 何が必要なのか

雀が鳴くまで 考えたって 一つも解らなくて


それは 孤独という名の 重い鎖だったんです

自ら上手に 体に巻き付けたんです


どこで見つけて いつの間に巻いたのか

焼けた空を見た時 君の声が聴きたくなって

ふと 気付いたよ


人に触れていたいと 思う事を恥じて

鳴咽さえも 噛み殺して よくもまぁ

それを誇りと呼んだモンだ あぁ


この震えた喉に 本音を尋ねたら

声も震えていて ちゃんと聞こえなかった


差し出された手を 丁寧に断ってきた

雀が鳴く様に 気にも止めず 唄ってきたけど

気付いたら


君に触れていたいと 思う俺は 何だ!?

今になって 思い知った

大切な事を 唄い忘れていた


孤独を 望んだフリをしていた

手の温もりは ちゃんと知っていた

その手に触れて いつか離れる時が来るのが恐かった


人に触れていたいと 唄っていいかい


奪い合ったり 騙し合ったり 些細な事で 殺し合ったり

触れてみれば 離れたり 恐くなったり


だけど、それでも、


人に触れていたいと 願うヒトが好きだ

鳴咽さえも タレ流して

何度となく すがりついて 傷ついて


君に触れていたいよ 名前を呼んでくれよ

誰も居なくて 一人なら


こんな歌を唄う俺の


生きる意味


ひとつもない


あぁ

提供: うたまっぷ