歌詞

Stage of the ground

BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央

飛ぼうとしたって 羽根なんか 無いって

知ってしまった 夏の日

古い夢を一つ 犠牲にして

大地に立っているって 気付いた日


未来永劫に 届きはしない

あの月も あの星も

届かない場所にあるから

自分の位置が よく解る


飛べない君は 歩いていこう

絶望と出会えたら 手をつなごう

哀しい夜を越えて 笑おうとするなら

唄ってやるよ ルララ


迷いながら 間違いながら

歩いていく その姿が正しいんだ

君が立つ 地面は ホラ

360度 全て 道なんだ


Stage of the ground


孤独の果てに 立ち止まる時は

水筒のフタを 開ければ

出会いと別れを重ねた

自分の顔が ちゃんと写る


すれ違う 誰かが 落としていった

涙を数える その度に

「優しくなりたい」と願う

君は 誰よりも

優しい人 ルララ


その足に 託された

幾つもの祈りのカケラ達と

叫んでやれ 絞った声で

ここまで来たんだよって 胸張って


Stage of the ground


躓いた小石を 集めて歩けたら

君の眼は必ず 再び光るだろう


那由多に広がる宇宙 その中心は小さな君


君をかばって 散った夢は

夜空の応援席で 見てる

強さを求められる君が 弱くても

唄ってくれるよ ルララ


あの月も あの星も

全て君の為の 舞台照明

叫んでやれ 絞った声で

そこに君がいるって事


迷った日も 間違った日も

ライトは君を照らしていたんだ

君が立つ 地面は ホラ

365日いつだって


Stage of the ground

提供: うたまっぷ