歌詞

裸 ~Nude~

Vo Vo Tau

作詞
Ryo-thing
作曲
Ryo-thing

どこまでも高く蒼い空の朝に

L00Pする現実からの出口を求めて

斜めに社会を見ているつもりがなにも

大きな力が見せてくれてる幻だと

不意つく言葉に不安を感じてごまかす卑劣な愛をくれる人で

眠らせてた力を群れの中で光り輝く為

この歌で自分を取り戻す


夜に彷徨う魂に断罪を

意志を曲げない戦士に喝采を

私は歌う明日のない顔に

自分を信じた今に感動を

同じ心持つ者に成功を

私は願う明日へ向く顔に


STATUSだけに生きる価値を見い出して

甘やかされた時代世代流れの中でいきがって

でも拳を突き上げる人から感じる

前に進もうとする意志から時は刻まれる

明日につながる新しい絆で変えたいフザケタ鏡を照らす光を

根性は貧弱満ちた個性ばかりに執着

脱ぎ捨てるちっぽけなpride


夜に彷徨う魂に断罪を

意志を曲げない戦士に喝采を

私は歌う明日のない顔に

自分を信じた今に感動を

同じ心持つ者に成功を

私は願う明日へ向く顔に


la la la・・・・明日のない顔に

la la la・・・・明日へ向く顔に

提供: うたまっぷ