歌詞

街角 -on the corner-

ゴスペラーズ

作詞
相田毅
作曲
岩田雅之

ふいに僕は街角で声を聞いた

それはあの日の君が呟いた遠いさよなら


今より若くて不器用な二人だったね

いくつかの季節の角を曲がり

僕から離れた風よ


めぐり逢い紡ぎ つづれ織る日々を生きていく

(Ah 笑顔も涙も連なって)

振り返るたびに 思い出は優しく背中押してくれるから

(いつでも そこにいる)

次の街角へ


名前のない明日

未来と名付けはしゃいだ

あの頃が意味のない日々だなんて

決して思わない僕は


めぐり逢い紡ぎ ほころんだ心を抱きしめ

(Ah せつない想いが揺れている)

そして運命を 何かを求めたくなるよ 出逢いたくなる

(何処かへ いつの日にか)

新しい風


忘れかけた何かを

(懐かしい気持ちだね)

君の声が気づかせた

(遠く遠く胸が鳴る)


めぐり逢い紡ぎ つづれ織る日々を生きていく

(Ah 笑顔も涙も連なって)

振り返るたびに 思い出は優しく背中押してくれるから

(いつでも そこにいる)

歩きだす


今日も何処かで街角の物語

誰かが誰かにめぐり逢う

そして別れも街角は知っている

あの日のさよならも

そっと見ていたね

(次の街角へ)

僕は歩きだすから

提供: うたまっぷ