歌詞

太陽

森山直太朗

作詞
森山直太朗/御徒町凧
作曲
森山直太朗

ちょっと一曲歌わせて 今訊いておきたいことがある

いつか僕もあなたも白髪になって 忘れてしまうだろうけど


駅前のオープンカフェで暇潰し ぼんやりと通りを眺めていたんだ

ほらまた縦列駐車でぶつけてる たいして急ぐ理由なんてないのにね


昨夜見たニュースの事だけど ある事件で捕まった犯人の顔は嬉しそうだった

見たくもない現実をナイフで切り裂いた ただそれだけのこと


この真っ白いキャンバスにあなたなら何を描きますか "自由"という筆で

目弦めく些細な悩みは とりあえず今は置いておいて

そのうち忘れればいい


携帯電話で長話 話題は後からついてくる

あらまあ みんな一緒に綱渡り 流行り廃りにぶら下がり


さっき食べたカレーパンの賞味期限はとっくに切れていたんだ

気づくのが少し遅過ぎた ただそれだけのこと


花咲き誇るこの小さな列島にこれ以上何を望みますか 殿様じゃあるまいし

透き通る風に誘われて土筆の子供が顔を出した いつかのあなたのように


銀河に浮かぶこの辺鄙な惑星の六十億分の物語 それは終わらない約束

草木も眠るあの聖なる夜に 偶然あなたが生まれ落ちた

輝く奇跡を信じ 生きる

提供: うたまっぷ