歌詞

ANGEL'S SONG

浜崎あゆみ

作詞
ayumi hamasaki
作曲
tetsuya yukumi

ひとりぼっちなんかじゃないんだと

夜に逃げ込んで言い聞かせた

結局それは自分の孤独を

日に日に浮き彫りにしてくだけだった


喧騒から離れた帰り道

いつもと何も変わらないのに

繰り返してくのかと思ったら

急に涙が込み上げて来た


頼りなくて情けなくて

不安で淋しくって

声にならない声で温もりを欲しがった


ねぇ君は確かに

突然現われ

私の暗闇に光射した

そして少し笑って

大丈夫だって頷いて

私の手を取って歩きだした

君の背に天使の羽を見た


強くなりたいと願ったのは

痛みに鈍くなる為じゃない


助けられて支えられて

与え合って許し合った

あの日守って行きたいものが出来たから


ねぇ君は時々

無防備すぎるくらい

私に全てでぶつかって来る

それはあまりにも

眩しすぎる程で

私は瞬きさえも惜しむの

君は背に天使の羽を持つ


ねぇ君は確かに

突然現われ

私の暗闇に光射した

そして少し笑って

大丈夫だって頷いて

私の手を取って歩きだした


ねぇ君は時々

無防備すぎるくらい

私に全てでぶつかって来る

それはあまりにも

眩しすぎる程で

私は瞬きさえも惜しむの

君は背に天使の羽を持つ


この悲しき時代の犠牲者に

君はどうかならないで欲しい

切なる想いが届くようにと

私は今日も祈るように歌う

提供: うたまっぷ