歌詞

冬の空

Nao

作詞
RYOJI
作曲
RYOJI

冬の空には 星が降る

ほど澄んだ 冬の空


風がどこまでも 吹きつける 冬の空はすごく澄んで

星達がそっときらめく夜空をただ一人眺めてる


つづくどこまでも 枯れた木の中を 歩いた記憶に似て

山の頂上で 見上げた夜空をただ一人思い出す


吐息が白くぼやけ 風に舞う夜

凍えた手の中で 増えるぬくもりを


冬の空から 星が降る

ほど寒さ 吹き込む 風に今

冬の空には 星が降る

ほど澄んだ 冬の空


冬はどこまでも 進んでくように また色を変えてゆく

星のない夜は 寒さもきつくて 下を向いて歩いた


覚えたての星座を 見つけたい夜

見上げたら 星くずのような雪が舞う


冬の空には 雪も降る

から寒さ 忘れるほどに 今

冬の空には 雪が降る

そう見上げた 空の下


あの日みた空

星降る夜空

光る雪を見て思う


冬の空から 星が降る

ほど寒さ 吹き込む 風に今

冬の空には 雪も降る

そう見上げた 冬の空

提供: うたまっぷ