歌詞

十の秘密

渡辺美里

作詞
渡辺美里
作曲
有賀啓雄

ひとつだけ ひとつだけ

この愛を おもいきり叫びたい

愛しさのあまり 哀しくて・・・

迷い込んでしまった


風が バス通りを吹きぬけてゆく

通りにあふれる人波 泳いでく

私のココロの奥底にしまった

言葉をあなたにだけは伝えたい


光と影 時に夢にうなされて

誰もが ひとりぼっち 感じている


泣きながら生まれる 子供のように

この愛を おもいきり叫びたい

藍色に染まる 大空が迫りくる

秘密の香りがした


夜のとばりが静かに降りる頃

幾つもの物語が動き出す

小さな 願いが不安に変わってしまわぬように

二人で歩いてく


出会いと別れ 紡いでゆく この街で

うつむかずに 今を 生きてゆけたら


ひとつだけ ひとつだけ

この愛を おもいきり叫びたい

月あかり プラチナに輝く 遠い空

秘密の香りがした


ひとつだけ ひとつだけ

見つけたい ほんとの優しさを

愛しさのあまり 哀しくて・・・

迷い込んでしまった・・・

提供: うたまっぷ