歌詞

君と約束した優しいあの場所まで

三枝夕夏 IN db

作詞
三枝夕夏
作曲
小澤正澄

君が突然居なくなる夢を

最近よく見るのよと

うつむく私に何も言わずに

ポケットの中で強く手を握りしめた君


色を兢い合い咲く花のように

物憂げな雨にさえも

よりその姿が輝くように


君と約束した優しいあの場所まで

今はまだ二人 お互い走り続けようね

君と鮮やかな色になるその季節(トキ)まで

逢えない日々が 愛しさを増してゆくよ

そしていつの日にか


この世の中は選択肢が多すぎて

時々選べず迷ってしまうけれど

結局振り返ればいつだって

自分が歩み築いてきた一筋の道が今に繋がっているよ


そして人に褒められる道よりも

自分が喜べる道選ぶべきだと君が教えてくれたね


君と約束した優しいあの場所まで

渋滞に巻き込まれて 苛立つ時は空を見上げよう

会いたさに先急いで大切なもの見落とさないように

泣き虫な日々も 笑い話になるよね

きっといつの日か


未来が眩しすぎて

目がくらみ何も見えず

時に進む方向を見失うけれど

その光によって今足元に伸びる

黒い影を頼りに歩いて行こう GO WAY


君と約束した優しいあの場所まで

目指すそこはきっと 互いに甘えるための場所じゃない

いつかあたたかな風に包まれ抱き合える日まで

冷たい追い風に立ち向かっていこう

今はまだそれぞれに


君と約束した優しいあの場所まで

逃げ道を増やせば 余計迷路にハマルよね

例え標識のない道が続いたとしても

信じ合う気持ちを道標に行くよ

優しいあの場所まで

提供: うたまっぷ