歌詞

ただ傍にいたいの

小松未歩

作詞
小松未歩
作曲
小松未歩

疲れ切った身体を無理やり奮い立たせるのね

分かってるよ 私には全部


12月の夜風は 照れずに距離を縮めてくれる

もっと強い人なら こんなに魅かれない


ただ傍にいたいの ほら顔を上げて

そこに凛としてる姿が映ってるから


町を走る電車は家並みの中を通り過ぎてく

握った手の温もりに涙止まらない


もうズルくなくてもいいよ 哀しまないで

そこに壁が立ちはだかっても大丈夫だから


時にこの世は道理の合わないことがあるけど 締めずに精一杯生きて


ただ傍にいたいの ほら顔を上げて

そこに凛としてる姿が映ってるから 見守ってるから


close to you

提供: うたまっぷ