歌詞

大利根月夜

氷川きよし

作詞
藤田まさと
作曲
長津義司

あれを御覧と 指さす方(かた)に

利根の流れを ながれ月

昔笑うて ながめた月も

今日は 今日は涙の顔で見る


愚痴じゃなけれど 世が世であれば

殿のまねきの 月見酒

男平手と もてはやされて

今じゃ 今じゃ浮世を三度笠


もとをただせば 侍育ち

腕は自慢の 千葉仕込み

何が不足で 大利根ぐらし

故郷(くに)じゃ 故郷じゃ妹が待つものを

提供: うたまっぷ