歌詞

ああ上野駅

氷川きよし

作詞
関口義明
作曲
荒井英一

どこかに故郷の 香りをのせて

入る列車の なつかしさ

上野は俺(おい)らの 心の駅だ

くじけちゃならない 人生が

あの日ここから 始まった


「母ちゃん 今度の休みには

店の旦那さんも故郷(くに)に帰れって

言って下さってるんだ

おれ 今度帰ったら 母ちゃんの肩を

もういやだって言うまで

たたいてやるさ」


就職列車に ゆられて着いた

遠いあの夜を 思い出す

上野は俺(おい)らの 心の駅だ

配達帰りの 自転車を

とめて聞いてる 国なまり


ホームの時計を 見つめていたら

母の笑顔に なってきた

上野は俺(おい)らの 心の駅だ

お店の仕事は 辛いけど

胸にゃでつかい 夢がある

提供: うたまっぷ