歌詞

私とワルツを

鬼束ちひろ

作詞
鬼束ちひろ
作曲
鬼束ちひろ

時計は動くのをやめ

奇妙な晩餐は静かに続く

何かを脱がすように


もうそろそろ口を閉じて

分かり合えてるかどうかの答えは

多分どこにも無い

それなら身体を寄せ合うだけでも


優しいものは とても怖いから

泣いてしまう 貴方は優しいから

誰にも傷が付かないようにと

ひとりでなんて踊らないで

どうか私とワルツを


この冬が終わる頃には

凍った鳥達も溶けずに落ちる

不安で飛べないまま


あとどれだけ歩けるのだろう

きっと貴方は世界の果てへでも

行くと言うのだろう

全ての温度を振り払いながら


失う時が いつか来る事も

知っているの 貴方は悲しい程

それでもなぜ生きようとするの

何も信じられないくせに

そんな寂しい期待で


優しいものは とても怖いから

泣いてしまう 貴方は優しいから

誰にも傷が付かないようにと

ひとりでなんて踊らないで


不思議な炎に 焼かれているのなら


悲鳴(こえ)を上げて 名前を呼んで

一度だけでも それが最後でも

誰にも傷が付かないようにと

ひとりでなんて踊らないで

そして私とワルツを


どうか私とワルツを

提供: うたまっぷ