歌詞

空と風

wyolica

作詞
azumi/so-to
作曲
so-to

さよならは突然に やってくるから

その時 その瞬間に 受け取れなくても


月明かりだけたよりに みつめてた

今日のことを 全部忘れながら

夜の風が なみだを誘っても

ただそのままで 海を見ていた


わたしにちかって

明日にむかってゆくなら

わたしを連れていって

夜空に風と つばさあずけて

眠るなら わたしを置いていかないで


まちがいは 今すぐに見つからなくても

こたえはすぐそばに 感じているはず


昨日よりは 少しましなくらいに

思える今日も 終わりに近づいて

夜の風に 少しまぎれながら

明ける朝を 待っていたくて


わたしにちかって

明日にむかってゆくなら

わたしを連れていって

夜空に風と つばさあずけて

眠るなら わたしを置いていかないで


他愛ない いくつものことばが きみを傷つけ

胸の中の 後悔の空 今も消せないまま


わたしにちかって

明日にむかってゆくなら

わたしを連れていって

夜空に風と つばさあずけて

眠るなら わたしを置いていかないで


わたしにちかって

明日にむかってゆくなら

わたしを忘れないで

夜空に風と つばさあずけて

今度はだれかを守れるように

提供: うたまっぷ