歌詞

星の雫

DEEN

作詞
池森秀一
作曲
山根公路

遠く離れて6度目の冬支度始まる

君去りし街

心どこかに隙間が空いたまま

季節の中ただ生きてた


都会の流れに負けないように歩いて

君は疲れているだけ


今ありのままの君でいればいいよ

もう誰も君を責めやしない

背伸びをするのはやめて 話をしよう

ずっと傍にいるから


嘘も無理もない心を見せればいい

誰だって強くない

独りで生きられる人はどこにもいない

そうさ僕も君に救われた


遠い夏の日 君が佇んでいた場所も

風が優しく包む


今ありのままの君でいればいいよ

もう誰も君を責めやしない

今足りないものを探すのはやめて

ただ始めに帰ればいいさ

ふたり星空見上げ 話をしよう

ずっと傍にいるから

提供: うたまっぷ