歌詞

きみをつれていく

安倍麻美

作詞
326
作曲
筒美京平

其処へ辿り着けるのなら

僕の白い羽がたとえ


白じゃなくなるほどに 汚れても かまいやしない


夢を叶える為にする 挫折や苦労のすべてを

僕は平気な顔をして 「しあわせ」と呼ぶんだ

君を笑顔にする為に 必要な遠回りならば

僕は平気なフリをして 「しあわせ」と呼ぶんだ

それは強がりなんだけど どっか本音も混じってて

だから辛いハズの日々も 笑顔があふれてた

あの頃までは…


「夢を叶えられた日には

君をきっと迎えに行く」


そんなもう風化した 約束が 僕を支える


はだしで歩く僕を見て 「可哀想だね」と皆に

心配するよなフリして たとえ笑われても

今はまだ無駄な努力に 見えるよなそんな努力が

積もり、橋になると信じ…たとえ笑われても

それでも歩いて来たけど いつかふたりのその距離は

夢に近づくそのたびに 少しづつ離れた…

心も…ともに


元気ですか?


はだしで歩く僕を見て 「可哀想だね」と皆に

心配するよなフリして たとえ笑われても

今はまだ無駄な努力に 見えるよなそんな努力が

積もり、橋になると信じ…たとえ笑われても

それでも歩いて来たけど それでも歩いて来たけど

いざ君を振り返っても 約束の場所には

君はもう…いない


君をいつか連れて行くと誓い歩き続けたのに…。

提供: うたまっぷ