歌詞

白い天使が降りてくる

RAG FAIR

作詞
加納孝政
作曲
櫻井真一

お決まりのカフェ おきにのケーキに

いつもと違う 銀のデコレーション

窓の外には プラタナスの木に

おめかしをする 北風の子供達


寒いのは苦手だけど 流行ものにも興味はないけれど

本当は一緒にいたいんだ


白い天使が降りてくる 僕らの街に降り積もる

暖めてあげる ほほも指先も 吐息まで

だから二人でこの時を 永遠の未来にしよう

空に祈るよ ずっと君を抱きしめて


出会った頃は 肩までだった

栗色の髪 さざ波のように

今夜の君は 吸い込まれそうで

「とても似合うよ」思わずこぼした言葉


これからの僕の時間は いつまでも君に預けておくから

寒い日も辛いときも一緒にいるよ


白い天使が降りてくる 僕らの街に降り積もる

目が離せないよ きらめく光と その瞳

だから二人でこの時を 永遠の未来にしよう

胸に刻んだ 心の鐘が鳴り響く


白い天使が降りてくる 僕らの街に降り積もる

暖めてあげる ほほも指先も 吐息まで

だから二人でこの時を 永遠の未来にしよう

空に祈るよ ずっと君を抱きしめて

提供: うたまっぷ