歌詞

吉田拓郎

作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎

僕はアナタのすべてを 命がけでも欲しい

他の言い方はない 胸がジンジンふるえ


寝ても覚めていても 焼け焦がれてしまいそう

忙しい方々は 苦笑いするだけ


アナタのなにもかもに 心奪われた瞬間から

頑なを通します 一途なままの僕


どけ どけ どけ 無関心な奴はどけ

寄ってたかって野暮が 恋の邪魔をする

どけ そこ どけ 純情のお通りだ


男と女はいつも 求め合うのが いいさ

僕の命アナタに 捧げてしまっていいさ

男と女の距離は コブシ二つでいいさ

僕の命アナタに 捧げてしまっていいさ


僕が泣いているのは とても悔しいからです

人の尊さやさしさ 踏みにじられそうで


力を示す者達は しなやかさを失って

ウソまみれドロまみれ じれったい風景でしょう


もっと強くしたたかに タフな生き方をしましょう

まっすぐ歩きましょう 風は向かい風


どけ どけ どけ 後ろめたい奴はどけ

有象無象の町に 灯りをともせ

どけ そこ どけ 真実のお通りだ


正義の時代がくるさ 希望の歌もあるさ

僕の命この世に 捧げてしまっていいさ

どけ どけ どけ どけ 情をなくした奴はどけ

生きる者すべてが 愛でつながれる

どけ どけ そこ どけ 正直のお通りだ


アナタの為の僕さ 悔し涙のままさ

たぎる情熱の僕さ ゆれる心のままさ


僕の命アナタに 捧げてしまっていいさ

僕の命この世に 捧げてしまっていいさ

提供: うたまっぷ