歌詞

ぼくらなら

GRAPEVINE

作詞
田中和将
作曲
亀井亨

からの心なら ただの体なら

馬鹿なぼくらなら 何処へでも行けるだろう


思い上がりや淡い期待

ときに涙

白い吐息はタバコなのかと

とぼけてみた


決して

この道の歩き方を 知らないわけじゃない

上着が要る事も

ただ

この冬の過ごし方を

二人だけ見えやしないのなら

この手を繋いでいこう


窓の外の空 ただのからの空は

肩を寄せ合うなら 何色に見えるだろう


車の音や 風の匂い

どうせ忘れんだ

指輪の跡を見ながら

指折って数えた


決して

この街の歩き方を 知りたいわけじゃない

流行りのやり方も

まだ この冬を過ごす事を

二人だけわかってないのなら

せめて 離れないように


からの心なら ただの体なら

ヤワなぼくらなら 何処へでも行けるだろう


ただ

この冬の過ごし方を

二人だけ見えやしないのなら

この手を繋いでいこう

提供: うたまっぷ