歌詞

Prayer

玉置成実

作詞
Saeko Nishio
作曲
y@suo ohtani

気づいていたホントの気持ちを 伝えるのがとても恐かった

言えずにいた一言を いますぐに君へと届けたい


泣き出しそうな夕暮れ眺めながら 強くなる風の中で まだ立ち尽くしてる


溢れそうな人波 だけど気がつけば 君の背中ただ探してた


突然いま一粒の雪が 私のこの頬に落ちてきた 開いてみた掌で 儚く溶けていく消えていく


雲に隠れた 白い月が 不安な心照らしてる 闇にかすんだ 道の先の どこかにきっと君がいる


いつも気の合う仲間と はしゃいでても どこか小さな孤独を 胸に抱きしめてた


潰れそうな毎日 くじけそうな時も 君の優しさはそこにある


今頃きっと一粒の雪が 君のその頬にも落ちるだろ

伸してみたこの腕が いますぐその頬に届くように


あのとき駆けた 流れ星が 私の願い聞いていた 離れ離れの ふたりの手を 祈るみたいに 重ねたい


気づいていたホントの気持ちを 伝えるのがとても恐かった

言えずにいた一言を いますぐに君へと届けたい


突然いま一粒の雪が 私のこの頬に落ちてきた

開いてみた掌で 儚く溶けていく消えていく


雲に隠れた 白い月が 不安な心照らしてる 闇にかすんだ 道の先の どこかにきっと君がいる

提供: うたまっぷ