歌詞

最終列車

THEイナズマ戦隊

作詞
上中丈弥
作曲
THEイナズマ戦隊

夕ぐれに君を浮かべ

少し優しくなった俺の胸

もうこれで最後の恋にしようと決めたのさ

夕ぐれの下


俺には金も無いし

顔だって二の次 三の下

俺に出来る事は

君の笑顔の先 バカで居よう

ああ この恋に終りを告げる君を

ああ 俺の目は滲んで見えないよ

ああ 夕暮れに微笑んだ優しさを

俺は 俺は忘れてしまった


最終列車が走りだす

さよならを告げた君を乗せ

君だけの優しさを置いてゆく

夕暮れ空は今日も紅く

俺の背中を照らしつけた

切なさと肩を並べた俺が居た


どれだけ俺をこえて

溜息の数だけ泣いてみた

だけど今も 君の事を

忘れちまったなんて言えない俺さ

ああ 君の手の温もりも 唇も

ああ 俺はまだ忘れちゃいないのさ

ああ 夕ぐれに微笑んだ優しさを

君は 君は覚えていますか


最終列車が走りだす

さよならを告げた君を乗せ

君だけの優しさを置いてゆく

夕暮れ空は今日も紅く

俺の背中を照らしつけた

切なさと肩を並べた俺が居た

ああ これからの事なんて分からないよ

ああ 俺は今 この時に触れたいのさ

ああ 君だけに微笑んだ優しさを

俺は 俺は忘れてしまった


最終列車が走りだす

さよならを告げた君を乗せ

君だけの優しさを置いてゆく

夕暮れ空は今日も紅く

俺の背中を照らしつけた

切なさと肩を並べた俺が居た

夕暮れ空は今日も紅く

俺の背中を照らしつけた

切なさに肩を抱かれた

俺が居た

提供: うたまっぷ