歌詞

BLUE STAR

岡本真夜

作詞
岡本真夜
作曲
岡本真夜

人影のない海

乾いた風 抜けてく

寄せては返る光

しぶき上げて歌う


裸足のままで

息をはずませている二人

足元ではしゃぐ

日差し浴びる砂


次の夏もここで見つめてて

差し出された大きな手

このぬくもりだけは離さない

さざ波が染まり始める


背中に回した手

シャツをギュッと握って

こうしてる ワンシーンも

胸のフィルムに刻む


黄昏の雲が

あなたの瞳に映る

そんな横顔も

切なく愛しくて


次の夏もここで見つめてて

空を泳いでく LOVE SONG

同じ気持ちで輝いていたい

いつまでも あの星のように


次の夏もここで見つめてて

差し出された大きな手

このぬくもりだけは離さない

夕闇が空を染めても


次の夏もここで見つめてる

重なって浮かぶシルエット

このぬくもりだけは離せない


信じてる 今 この瞬間(とき)を

信じてる 今 この気持ちを

提供: うたまっぷ