歌詞

ニットキャップマン

矢野顕子

作詞
糸井重里
作曲
岡田徹

山田川(さんだがわ)のほとりのテトラポットのとぎれる所

三畳くらいの空き地があって そこにフジオさんが住んでいた

うすら寒い三月 テトラポットのすきまの穴に

パチンコ帰りの散歩してた 僕が落ちて足をくじいた


ずぶぬれの僕を背負い 家まで

連れていってくれた オー フジオさん

川岸を息を荒げ 家まで

急ぎ足で歩く オー フジオさん


ダシの効いた感じのニットキャップのお似合いな人

常田富士男にそっくりなので ぼくはフジオさんと呼んでいた

やがて夏が来たけど ニットキャップはかぶったままで

煮しめたみたいなTシャツ着てた(m m m) フジオさんは生きていた


知り合ってから何か月 ンー ぼくらは

女のことだとか バクチのこと

くだらない話したり ビールを

炊んで川を見てた オー フジオさん


知り合って 6ヶ月で オー 別れた

女たちはいたが オー フジオさん

死んじまつた 男なんて ンー いないよ

誰に知らせようか オー フジオさん オー フジオさん


いつもつながれていた雑種ドックが 声をからして

たぶん助けを呼んでたのだろう ぼくはフジオさんを見つけた

山田川のほとりのテトラポットのとぎれる所

三畳くらいの空き地のそばで そばでフジオさんが死んでいた


誰に会いたかったのか? オー フジオさん

墓はどこにしようか オー フジオさん

犬はどうしようか オー フジオさん

誰に知らせようか オー フジオさん

オー フジオさん

オー フジオさん

提供: うたまっぷ