歌詞

雷が鳴る前に

矢野顕子

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

突然雨が降り出して

僕のリュックと肩がにじんで

何だか急に君に

会いたくなった

駅前のTAXI乗り場は

明日の休み知ってる人達

笑顔の比率が高い

僕は明日も早い


とにかく公衆電話まで行こう

確かコンビニが近くにあった

覚えたて君の番号

もうソラで言えるかな!?


次の雷が鳴るまでに

数を数えたあの頃は

まだ君を好きになるなんて

思わなかった

雷鳴が記憶のジャマを

するけど なんとか

思い出すよ

こういう気持ち

"セツナイ"と言うんだろ?


そっちも雨が降ってるの?

ホラまた今 空光った

ごめん いざとなると急に

テレてしまう

こんなことをしてるうちに

新しい靴がもうビショぬれ

「次の雪が鳴る前に

言ってと君が笑う」

例えば紙くずを投げ入れたり

横断歩道を渡るときに

何か1つルールを決めて

願いをかけたりしてる


だから雪が鳴る前に

僕の想いを全部言うよ

雨をよける傘よりも君が大切なんだ

こんなにびしょ濡れだけど

雨やどりしている気分だよ

もう少しだけ 僕と話していて


次の雷が鳴る前に

僕の想いを全部言うよ

雨をよける傘よりも君が大切なんだ

こんなにびしょ濡れだけど

雨やどりしている気分だよ

もう少しだけ 僕と話していて

提供: うたまっぷ