歌詞

実話

はなわ

作詞
はなわ
作曲
はなわ

あれは確か僕がまだ小学五年生の頃

友達三人で平和台球場へ 西武対ダイエーの試合を観に行った


プロ野球好きの僕たちは

三時間前には球場へ行って

選手たちの練習風景をずっと眺めてた


すると西武側のベンチの中から

当時不動の四番打者の清原が出てきた

僕らは嬉しくて嬉しくてずっと

「スーパースター!スーパースター!」

そう叫び続けたんだ


すると清原はその声に気付いて

僕たちの方へ近づいてきてくれて

ただ一言 たった一言

清原はこう言った


「うるせぇ」


そんな清原が大好きだ

提供: うたまっぷ