歌詞

はなわのさわやかな青春

はなわ

作詞
はなわ
作曲
はなわ

僕の初恋は中学生のころ 同じクラスの江頭花子ちゃん

東京じゃ江頭はめずらしいらしいけど 佐賀じゃ江頭はクラスに5人はいる

そんな初恋の江頭花子ちゃん とても笑顔がかわいい女の子


ある日学校に小犬が迷い込んできた

優しい花子ちゃんはその小犬を抱きかかえて 何度もベロベロチューをしていた

僕は木陰からそれをずっと見ていた

花子ちゃん去るやいなや ぼくは小犬をわしづかみ

「花子」と叫びながら熱いキスをしようとすると

あんなにかわいかった小犬が豹変して 下唇にかみつき6針ぬった


ある日プールの授業の時

花子ちゃんの水着姿に僕は興奮して プールから一歩も出れなくなった

クラスのみんなが「オイ!はなわ!何やってんだ。早く出ろよ!」

僕はヤバイと思い足がつったふりしようとしたら

本当につっちまっておぼれちまった

気がつくとみんなが僕のアソコを見て笑っている

そしてついたあだ名が「ぼっきん」

担任も普通に「はい、じゃあ次、ぼっきん。」


修学旅行帰りのバスの中で僕は運よく花子ちゃんの隣りの席になった

すると「プー」急に異臭が漂ってきた

隣り見ると花子ちゃん真っ赤な顔をしてた

僕は気にいられる最大のチャンスだと思い

おもむろに立ち上がりみんなにこう言った

「みんなみんな、ちがうちがう、聞いて聞いて.これは花子ちゃんじゃなくて、

俺がしました。俺が。」

そして隣りの花子ちゃんを見るとシクシク泣いている きっと感動したんだな


そして卒業式 僕は最後に花子ちゃんに気持ちを伝えたくて

「今日帰りに体育館裏へ来て下さい。」そう書いた手紙をそっと手渡した

日も落ちて薄暗い中ドキドキ待っていると ついに足音が聞こえてきた

だけどなぜか来たのは学級委員の古賀さん 古賀さんつくやいなや僕にこう言った

「花子がすごい迷惑してるから、花子につきまとうのやめた方がいいと思います。

第2ボタンなんかいるわけないでしょ!このぼっきん!!」

ふと見ると花子ちゃんが木陰から見ていた 目が合ったとたんダッシュで逃げた


みんなこうして大人になるんだな

そんなはなわのさわやかな青春

そんなはなわのさわやかな青春

提供: うたまっぷ