歌詞

水のない噴水

安全地帯

作詞
黒須チヒロ
作曲
玉置浩二

秋深く 公園の石畳を

落ち葉が 彩る

騒がしい 街の喧騒忘れて

ゆっくりと ふたりは 透き通ってゆく


風寒く 薄紅さす横顔が

幼く 映って

新しい 靴が擦れて痛いから

これ以上 歩けない なんて困らせる


わかってるのに 気づかない 気づかない

シアワセの意味を あらためて 受けとめた

なにげない景色


空高く ひとすじの飛行機雲

背筋を 伸ばして

水のない 噴水の縁に立って

崩れる バランス 楽しんでいる


転ばないように 気をつけて 気をつけて

差し出すその手を つかまえて 抱きよせた

わかってるのに 気づかない 気づかない

シアワセの意味を あらためて 受けとめた

とくべつな瞬間


短い夢の後前 鮮やかに焼きつけた


転ばないように 気をつけて 気をつけて

差し出すその手を つかまえて 抱きよせた

やわらかく強く

提供: うたまっぷ