歌詞

見上げた空へ

bird

作詞
bird
作曲
Al Kooper

次で降りよう

すでに決めたこと

整備されてる緑が見つめてる

人ごみを歩けば

安心を覚えるの?


見上げた空は泣いていた

わたしは夢の傘を広げた


最終列車

ゆれるプラットホーム

若い僕達は未来を確かめる

アナウンスは声をかき消してゆく


夜空は月が輝いてた

あなたは隠れて少し泣いた


誰もいなくなっても

眠ることはなく

置き忘れられた悲しみを

洗い流すのさ

幸せのチケット

今あなたの手に


見上げた空は泣きやんでた

あなたは涙の傘を閉じた


見上げた空は泣きやんでた

誰かが始発を待ち始めた

提供: うたまっぷ