歌詞

赤裸の境界

PENICILLIN

作詞
HAKUEI
作曲
PENICILLIN

何故 君は目を伏せて ほほえむの

Ah… 感覚が宙に舞う

そう 聞き訳のない空間が

虚しく 歯車 狂わす


何故 君はキレイに嘘を まとう

Ah… 底なしの絵空事

そう 甘い罪だけを奏でる

はがゆい 愛撫は 儚く


yes? yes? yes?


くちびるから つま先まで やわらかにかみちぎるのさ

流れ落ちる 天使の汗 恍惚の涙

たえられない 止められない 野性をさあさらけ出せ

裸よりも 裸になれ 究極の夜が始まるのさ


何故 捨て猫の様に 震えるの

Ah… でもそれも悪くない

そう 安っぽい欲望よりも

鼓動は 切なく 高鳴る


yes? yes? yes?


そっと指で もっと舌で やわらかな傷をなぞれば

はがれ落ちる 胸の痛み はりつめた心 ′

たえられない 止められない 何もかもさあさらけ出せ

裸よりも 裸になれ 究極の愛が始まるのさ


yes? yes? yes?


くちびるから つま先まで やわらかにかみちぎるのさ

流れ落ちる 天使の汗 恍惚の涙

たえられない 止められない 野性をさあさらけ出せ

裸よりも 裸になれ 究極の赤裸

そっと指で もっと舌で もっと熱く もっと深く

裸になれ 裸になれ 究極の君に生まれ変われ

提供: うたまっぷ