歌詞

墓標

PENICILLIN

作詞
HAKUEI
作曲
PENICILLIN

黒い雨が降る 瀕死の少年は海へ

日出づる国で 炎の怪物が吠える


白い壁の中 包帯だらけの少女

日出づる国で 人造遺伝子が叫ぶ


まわれ まわれ 極東の変わり果てた魂よ

まわれ まわれ 時を超え まわれ まわれ 永遠に・・・・


体の中をかけめぐる 悲しみよ天まで届け

覚えていますか? かがやく青空を

偽りの世界に犯され とめどなくあふれる暗闇

覚えていますか? キラメク透明な瞳を


黒い雨が降る 瀕死の少年は海へ

白い壁の中 包帯だらけの少女


まわれ まわれ 極東の汚れ過ぎた純血よ

まわれ まわれ 時を超え まわれ まわれ ゼロになれ・・・・


神々は許しはしない カルマの鐘が鳴り響く

覚えていますか? 母の胸のぬくもりを

真夏の太陽を夢見て あわれな花々は枯れゆく

覚えていますか? この世に生まれたまぶしさを

提供: うたまっぷ