歌詞

小柳ゆき

作詞
小柳ゆき
作曲
山田直毅

夜空に浮かぶ オレンジの月見るたび

思い出してる 遠くなってく

ホームに立った君を 見つめたあの日

瞳の涙 こぼれないように

笑顔で君は手を振った

あの日の君は 変わらずにいますか?


都会の暮らし 慣れてくたび広がる

君との距離 2人の距離と

同じように次第に 離れてく心

隙間を埋める 努力をする程

そこには嘘が生まれて

真実はもう 嘘に埋もれてく

そして溝は深まって

受話器の向こう 君は泣いていたの?


必ずいつの日か 君を迎えに行くと

2人で誓い合った 記憶も色褪せてゆく

もし今 あの夜に 戻る事ができたら

永遠に離さない ずっと


汚れぬままの 君に会えたなら

抱きしめられるだろうか?

幸せだった あの日の笑顔も

今はもう出来るはずもない

今の僕でも 受けとめてくれるの?

提供: うたまっぷ