歌詞

繁華街

キリンジ

作詞
堀込泰行
作曲
堀込泰行

暮れる雨の上海や

熟れた女の髪の飾りは

俺の夜を焚きつけて

寝返りの果ては

非常線を網渡るのさ


珠玉の街はうわ言が星を呑み込み

微笑うだけの修道女 薄情なブラザー

あの風を 誰も見ちゃないさ


それは奈落の魔法さ

肥えた蜜屋の振る舞う市場さ

俺は傘を欠いたまま

在るだけの噂を買い占め

夜更けに挑む


珠玉の街で何をまだ俺はためらう

慣れない味のマスタード効かせてくれ

馬鹿はよせ「ドコカラキタ?」なんて


貪った むせ返した

影法師と笑った


開けた 朝だ 占いも変わるだろう

日の出を見とどけて それで帰るさ


珠玉の街はサヨナラに耳を貸さない

乗り入れた船に花火を上げ 手を叩く赤い靴

燃える珠玉の街さ 歌に乗せ人を呼び込む

錆びついてく切り札 熱を持てば

また悪い風邪を引きそうさ

提供: うたまっぷ