歌詞

奴のシャツ

キリンジ

作詞
堀込高樹
作曲
堀込高樹

水曜日 継母の従兄弟を訪ねてみる

金曜日 姪が歯医者に行くので付き合う

「暇だね。」俺の顔になにか付いてるかい

覗き込んでニヤリと囁いた

「ボタンを掛け違えたまま大人になるのは嫌ね。」

ああ、聞いた風なことを言う娘だね


そうさ、遺産があればしばらくしのげる

今夜 あつらえた黒のスーツを下ろす

「どうにも深刻さが足りない、お前には。」

溜息をついて叔父は嘆いた

「ボタンを掛け違えたまま年をとるのは恥ずべきことだ。」

親父の通夜でからまれる


グラスの底に沈む顔と目が合えば

苦笑いで野郎はうそぶいた

「俺だけのシャツの着こなし。姿見の前を逃げ出し、

ボタンを掛け違えたまま年をとるのは切ない。」

ああ、知ったふうな事を言うね

提供: うたまっぷ