歌詞

ガラスの部屋

浜田省吾

作詞
浜田省吾
作曲
浜田省吾

床の軋む狭い部屋で体寄せて眠ったね

いつかお前こんなとこから

連れ出すと誓った闇の中で


固い喉にコーヒーだけ流しこんで走ったね

駅のホーム 陽ざし浴びて

お前は誰よりも素敵だった


疲れ果てて すれ違って

少しずつ欠けてゆく 優しさ

でも愛まで 壊れてくとは思いもせずに


待ち合わせて 食事しても 何も話すことがない

いつから こんなに遠く離れてしまった二人の心


車なんて欲しくもない 広い部屋もいらないよ

寒い夜を暖めあえた

二人のぬくもり ただそれだけで

提供: うたまっぷ