歌詞

僕にあずけて

小松未歩

作詞
小松未歩
作曲
小松未歩

突然の電話さえ

さよならの気配感じた

胸が苦しい

受話器の向こうをうかがって

上手に話しが出来ない

嘘もつけず

顔を合わせては いつも喧嘩した

それでも二人の距離が

遠く戻れない場所へ離れないように

抱きしめたい


伝え切れないこの気持ちでも

欲しいものは欲しい

そう言えた少年に戻れるならば

「君の幸せ 祈る」なんてこと

決して言わないだろう

僕にあずけて


蝶のようにひらひら

気まぐれな君を捕らえとく

ケージは無くて

気をひく花束ちらつかせ

駆け引きしてる僕でも

本気なんだ


傍にいられる僕の方がずっと

笑顔をもらってる

明日だけ見つめてた少年のように

いつか話した夢へ向かって

突っ走ってみたくなる

君は不思議さ


伝え切れないこの気持ちでも

欲しいものは欲しい

そう言えた少年に戻れるならば

「君の幸せ 祈る」なんてこと

決して言わないだろう

僕にあずけて

提供: うたまっぷ