歌詞

Last Letter

小松未歩

作詞
小松未歩
作曲
小松未歩

その次の角で待っていて

かならず迎えに行くとあなたに

わざとおどけて笑った

私を許さなくていい


あなたの生き方

邪魔したくなくて

消えるように

ここから居なくなれば...


あの日から 行くあてもなくて

ひとり彷徨い 街中歩いた

逢えない自由選べば

むくわれると信じてた


短く切った髪にも

慣れた頃

宛て名だけが書かれた

手紙が来た


涙が邪魔して進めない

あなたがくれた 最後の手紙は

癖のある文字が揺れる

あの日は もう帰らない


ありきたりな言葉で綴る

短い手紙を胸に抱いて

やっぱり 相応しいのは

私じゃないと分かった


思い出のベンチに腰かけ

褪せた手紙を 小さく破いた

これが すべての結末

紙吹雪舞う12月

提供: うたまっぷ