歌詞

メリッサ

ポルノグラフィティ

作詞
新藤晴一
作曲
ak.homma

君の手で切り裂いて 遠い日の記憶を

悲しみの息の根を止めてくれよ

さあ 愛に焦がれた胸を貫け


明日が来るはずの空を見て 迷うばかりの心持てあましている

傍らの鳥がはばたいた どこか光を見つけられたのかな


なあ お前の背に俺も乗せてくれないか

そして一番高い所で置き去りにして優しさから遠ざけて


君の手で切り裂いて 遠い日の記憶を

悲しみの息の根を止めてくれよ

さあ 愛に焦がれた胸を貫け


鳥を夕闇に見送った 地を這うばかりの俺を風がなぜる

羽が欲しいとは言わないさ せめて宙に舞うメリッサの葉になりたい


もう ずいぶんと立ち尽くしてみたけど

たぶん答えはないのだろう この風にも行くあてなどないように


君の手で鍵をかけて ためらいなどないだろ

間違っても 二度と開くことのないように

さあ 錠の落ちる音で終わらせて


救いのない魂は流されて消えゆく

消えてゆく瞬間にわずか光る

今 月が満ちる夜を生み出すのさ

提供: うたまっぷ