歌詞

雨のち晴れ

安全地帯

作詞
黒須チヒロ
作曲
玉置浩二

海へ続く 高速道路を

あの 磨きあげた クルマ飛ばして

あの カーラジオが流している メロディー

新しい唄らしい

リアクションに困る冗句を

あの キミはきっと真面目に受けて

あの トンネル抜け橋を渡るあたり

青い空が広がる

こうしてかなりキレイに描きあげたイメージ

ひとつひとつを枕元にたたんで

遠足の前のようになかなか眠りつけない

嬉し 懐かしいこの胸を

揺りおこす 風

朝のニュース 天気予報を

あの時はちゃんと 見ていたはずで

あの計画書に書かれてない事態

あぁ無情 雨模様

とって置きの 笑い話を

あの 展望台クルマを停めて

あの 防波堤のその向こうの岬

白い波が砕ける

そうして弾む話が弾み過ぎていつしか

『人生』なんて重い話題になって

ふたりの間の距離感なかなか縮められない

痛し歯痒しのこの胸を

どうなの今日の運勢 これぞまさに『人生』

予想不可能な楽しみはこれからだ

雨上がりの駐車場おもいっきり深呼吸

ふたり並んだアタマの上

輝ける 虹

吹き抜ける 風

提供: うたまっぷ