歌詞

奇跡の裏側

花*花

作詞
こじまいづみ
作曲
こじまいづみ

平日の朝 珍しく座れた

電車のガラスまどに

映る自分の顔

1人で目覚めた 朝の私も

強くなれるように

愛してあげようと誓った


人が弱さと呼ぶものの裏側にある

転んだキズや ニキビのあとも


触れることもできずにいた

あの日の あなたの背中

泣いてもいいよと手を広げる

私になれるまで

その日まで


まだ雨は降ってないけど

電車の中には

色とりどりの傘


これが街に開くころ

もう一度 電話するから

迎えに来て 話をしよう


人が奇跡と呼ぶものの

内側にある

癒し 癒される力のことも


あの夜 あなたは言った

「誰よりも君に僕を分かってほしい」と

そうなりたい

そんな風に


ずっと見てきたこと

聞いたこと

いつか

「愛してる」と言葉にして

わかりあえるその日まで


横断歩道を

飾る傘の色

提供: うたまっぷ