歌詞

しっぽのうた

坂本真綾

作詞
一倉宏
作曲
菅野よう子

あさがきたよ さかだちするとけい

わらうつくえ そらとんでくぼうし

わたしおいて くつもでてくから

あわててとびおきる


きえたなまえ いみわすれたことば

かがみのなか なくなってるしっぽ

きのうまでは ここにいたはずの

わたしはどうしたの


とりあえず いかなけりゃ

このへやに もうなにもない


まちに ぎもんふがあふれてる

そっと しんじつはかくれてる

はでに ぎもんふがさわいでる

きっと しんじつはあきれてる


だれもかもね べつのそらをみてる

みちをきけば うでたてふせしてる

はなすことば にじのようにすぐ

はじけるしゃぼんだま


あしたなんて ただあまいわたがし

きのうなんて わすれたこもりうた

うそとほんと ごちゃまぜミクスピザ

うまくてまずかった


とりあえず いそがなきゃ

ときのバス まにあうように


はしれ こんとんのなぞのなか

いつも しんじつはうそのなか

うたえ そんざいのやみのなか

いつか しんじつはきみのなか


いつも しんじつはやみのなか

いつか しんじつはきみのなか

提供: うたまっぷ