歌詞

銀河鉄道の夜に

ビリケン

作詞
ミヤノタカヒロ/オクダケン
作曲
ミヤノタカヒロ

上弦の月が とても綺麗で

僕はまたここで 唄をうたってる

君は優しさを 弱さと思わない

君の前にまた 夜は訪れて

朝を連れに行こう


眠れない夜は 遠い夜空の何処かで

僕ら唄うから 君が眠りにつくまで

さがしてたものは 実はこんなに近くに

銀河鉄道の夜に 君に逢いに行きたいよ


強い風が吹き 草がなびいて

遠い所から 僕らの街へ

宵闇を照らす 虫のランプで

どこまでも行こう 朝が来るまで

猫も連れて行こう


眠れない夜は 遠い夜空の何処かで

僕ら唄うから 君が眠りにつくまで

さがしてたものは 実はこんなに近くに

銀河鉄道の夜に 君に逢いに行きたいよ


眠れない夜は 君の一番近くで

僕ら唄うから 君が眠りにつくまで

さがしてたものは いつもこんなに近くに

銀河鉄道の夜に 君に逢いに行きたいよ


君に逢いに行きたいよ


青い空 顔上げてほら

わずらわしいものは全部星になって

昨日までの 少し前の僕も連れて

君に逢いに行くよ

おいてくわけないだろ

共に行こう 最高時速「やれるだけ」で

トランクには もちデカい夢と

少しの勇気を積んでゆこう


十人十色それぞれのStyle

育った環境、Blood type、

家族の影響、友人の影響、恋人の残像

あげればきりないね本当

すべてに 出逢ったすべてに感謝

今日生きてるコトを人生に描写

していきたいんだ 君と共に

できれば 君と共に

提供: うたまっぷ