歌詞

今、透明か

ACIDMAN

作詞
オオキノブオ
作曲
ACIDMAN

雲の下で叫ぶには 余りに小さ過ぎ

薄れ消えそうな月と ただ笑ってようとした


射すような風 素足 病む大地 ブリキ音

ハルシュタットの空 無情感が漂う


置いてきた白 身に付いた黒 それを包み込む青

太陽はふと目を閉じた


空覆う 淡い雲 アゲハの羽揺れ


光り香しき花 ひどく静かに咲いた

無色透明の中を ひどく静かに咲いた


開いた次の世界から 強い光溢れた

無色透明の中を 強い光溢れた


悲しいかな光は 通り抜けられなくて

悲しいかな光は 目を溶かす事で果てた


置いてきた白 身に付いた黒 それを包み込む青

今、透明か 今、透明か 今、透明か

提供: うたまっぷ