歌詞

ドライド アウト

ACIDMAN

作詞
オオキノブオ
作曲
ACIDMAN

日々を誘う声 夕凪の中に

何色を写し 何色に染まる


そびえ立つ木々のように

続くスタイルの中に吸い込まれてゆく


白日の中で青は穏やかに日々と混ざりあう

あの波長の様に 静かに火が灯る


名も無き声から 溢れゆく力

ここに抱く 強く掲げる

Dryvoice 共に刻む力

皆抱く 強く掲げる

Dryvoice 遠く響くように


少し遠く見えた あの浮き雲に

少し悲しみを 重ねて眺めた


続く道 強くあれと

交わす声は響き 速度を増してゆく


白日の中で青は穏やかに日々と混ざりあう

あの波長の様に 静かに火を灯す


果たす意味を背に 溢れゆく力

ここに抱く 強く掲げる

Dryvoice 遠く響くように


raise my voice driedout voice

raise your voice driedout voice


声が聞こえる 名もなき声が

立ちすくむなと 灯る火は高く

ここに立つ 強く掲げる

Dryvoice 共に刻む力

皆抱く 強く掲げる

Dryvoice 背負う故の力 灯る火のように溢れる

提供: うたまっぷ