歌詞

O(オー)

ACIDMAN

作詞
オオキノブオ
作曲
ACIDMAN

朝靄の中 水の音咲く 柔らかな鼓動 息をまた吐く

木々の眠りは 色を持たない


ここは何度目の世界なのだろう

あれは何度目の月と太陽だろう


再生された空 浮かべ 結晶として


一雫ずつ 全ては滲む まるで世界は透明な細胞の様


再生された空 浮かべ 結晶として


水の様なループワールド 浮かべ! 結晶として!


空を超えて!

提供: うたまっぷ