歌詞

坂の途中

GRAPEVINE

作詞
田中和将
作曲
西川弘剛

目の前には想像だけあった

寝足らぬ夢の尾を引いてゆく


永えには隔てられないさ

何思うのか解らぬまま


メッセージも無いのにどうして

こんな所に居るの?

いつか見た景色は疾うに 色褪せてた


坂の途中 思いは募ってゆく

新しい闇に堕ちる

消されてく時間を過ごすという

儚さに髪を梳かす

種子を蒔いては摘みとれやしない

本当は皆に会いたいのに


目線を合わせるだけ 無駄な事だと

明日を見つめるフリして 立止ってた


坂の途中 思上がってゆく

浅ましい光に満ちる

重ねてく嘘にも少しずつ

いとおしい影を落した


坂の途中 思いは募ってゆく

新しい闇に堕ちる

坂の途中 登れず暮らすという

儚さに髪を梳かそう

提供: うたまっぷ