歌詞

温度

UA

作詞
UA
作曲
藤原ヒロシ

だけど ひざをかかえたまま つながるまで

溢れだすの こらえながら 感じきれるまで


ざわめく指は肌を溶かし きしむように噛む

はためく風は色を隠し 涙滲む


刺すように冷たい闇夜も

翼があれば

焦げつく太陽を抱いて

飛んでいけるのに


花を求める蝶の舞に瞳は震える

寝床に帰る鳥の唄が鼓膜を打つ


もつれた髪は迷路になって

遠い指先をまつ

乾いた喉に声が鳴く

貴方という名をした永遠


だけど ひざをかかえたまま つながるまで

溢れだすの こらえながら 感じきれるまで


ざわめく指は肌を溶かし きしむように噛む

はためく風は色を隠し 涙滲む

提供: うたまっぷ