歌詞

ACID RAIN

PIERROT

作詞
キリト
作曲
キリト

真っ赤な空の下で耳を塞いでいた

消える命に何も感じなくなって


苦しいほどにこの胸は確かに痛むのに

悲しい顔がわからない


焼き尽くされた大地の上で立ち尽くした

何が正義で悪かなんでどうでもいい


大切だったささやかな温もりも奪われ

怒りさえも失って もう眠りたいけれど


声が聞こえるから 君を探している

毒の雨の全てが流される前に


笑顔でまた逢えるさ あの場所でなら

悲劇が終わるときに答えが見えるから


二人で見た遥かな輝いた未来は

決してこんな荒れ果てた景色じゃないはずで


声が聞こえるから 君を探している

毒の雨に全てが流される前に

君が必要なんだ 闇を照らすには

壊れそうな身体が求めているんだ


笑顔でまた逢えるさ あの丘でなら

きっとこの雨が雪に変わっていく季節に

提供: うたまっぷ