歌詞

君という光

GARNET CROW

作詞
AZUKI 七
作曲
中村由利

波の上漂う海月をみるのが好きで

いつまでもどこか遠い世界想い馳せるよう


目が合うその前からもう心は決まっていたみたい

真昼の月のよう 見えずにいたけど知ってた


孤独さえも至福な時も最初から一人じゃ知ることもなく

僕は君と出会う事で深い海を泳ぐように


君という光

浴びて呼吸した

ゆくあては二人でさがそう

繰り返し昇り落ちる太陽の下まわるこの星で

ほらユラリ流れる海の月

La-La…ユラユラ…


どんな風に周囲に流されたとしても僕達は

変わらずにいようね幼い愛し方でもいい


馴れ合いとか安らぎなんて言葉で誤魔化したりしないで

何度でも抱きしめてね明日は終末かもしれないから


君という光

みつけた僕は僕を知る狂おしく射す

ゆらゆらと波打つ広い海で一緒に流れていようよ

ほら何も欲しいものなどない


愛なんて淡い幻想(ゆめ)思い思いみるもの

それなら誰かと同じ現実(ゆめ)がみたくなる


今此処で

君という光

浴びて呼吸した

ゆくあては二人でさがそう

繰り返し昇り落ちる太陽の下まわるこの星で

ほらユラリ流れる海の月

提供: うたまっぷ