歌詞

ロック屋(五月雨東京)

エレファントカシマシ

作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次

五月雨東京でオレ心に痛み

されど不思議 むしろ気分はうかれ気味

アスファルト濡れてきて喫茶店でオレは雨宿り

布張りの椅子にもたれつつ うかれ気分で考えた


「人生においては何をやったって構わないが

オレの心と相談して嫌だなと思ったら立ち向かえ」


この明快な結論を頭で得たから…


タラタラ油汗流しては踊る

必死の形相で糸のような細い生命をつないで百年

オレそんな人生にアコガレを抱いたこともある(ダメだった)

オレは小学校五年の時 仲間から取り残されて 無意味なる気遣いの習慣を得た

雲の切れ間の陽の光あびて テリトリーの違いが身にしみた


オノレの道を行け

オノレの道を行け

オノレの道を行け

オノレの道を行け

オレはロック屋(川の中の岩となれ!!)

オレはロック屋

オレはロック屋


オレはロック歌手


「人生においちゃ何やったって構わないが

オレの心と相談して嫌だなと思ったら立ち向かえ 立ち向かえ」


五月雨東京

提供: うたまっぷ