歌詞

sakura

shela

作詞
早川大地
作曲
家原正樹

天気雨は通り過ぎ

風のやんだ夏の隙間

二人はいつもこの場所で

夢のありか確かめた


君が残してた言葉から

自分という名の筆をとる


もしもね願いがかなうなら

消えた季節をもう一度

背中に爪あと立てたなら

あの日桜は散るかしら


黄昏色背の高い

竹林の隙間から

手をのばせば届きそう

沈む夕日見えていた


幸せのありか気づかずに

私はいまでもここにいる


なくした思いはいつの日も

胸を後から締め付ける

かわいたこころをなげだして

そしてわたしは強くなる


ねえめぐりあい別れてく季節にもう一度出会えれば

何を言おう何を笑おうこんな涙はもういらない


もしもね願いがかなうなら

いつか思いをもう一度

背中に爪あと立てたなら

あの日桜は散るかしら


なくした思いはいつの日も

胸を後から締め付ける

かわいたこころをなげだして

そしてわたしは強くなる

提供: うたまっぷ